心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:tolerance

耐性

tolerance耐性

A decrease in response to a drug dose that occurs with continued use. Increased doses of alcohol or other drugs are required to achieve the effects originally produced by lower doses. Both physiological and psychosocial factors may contribute to the development of tolerance, which may be physical, behavioural, or psychological. With respect to physiological factors, both metabolic and/or functional tolerance may develop. By increasing the rate of metabolism of the substance, the body may be able to eliminate the substance more readily. Functional tolerance is defined as a decrease in sensitivity of the central nervous system to the substance. Behavioural tolerance is a change in the effect of a drug as a result of learning or alteration of environmental constraints. Acute tolerance is a rapid, temporary accommodation to the effect of a substance following a single dose. Reverse tolerance, also known as sensitization, refers to a condition in which the response to a substance increases with repeated use.
Tolerance is one of the criteria for the dependence syndrome.


使用を続けることにより薬物への反応が減少すること。当初は少ない使用量で効果が生じるものの、やがて同じ効果を得るためにはアルコールや薬物の使用量を増やすことが必要になる。耐性の形成には、生理学的および社会心理的な要素がともに関連していると考えられており、さらにおそらくは身体的、行動的、精神的な要素も関連しているであろう。生理学的要素としては、代謝および/もしくは機能面で耐性が上昇する。その物質の代謝速度が上昇すると、身体はその物質をより早く排泄することが可能になる。機能的耐性は、その物質に対する中枢神経系の感受性が低下することと定義される。行動的耐性とは、学習あるいは環境的制約の変更の結果として、薬物の効果に変化が起こることを指す。急性耐性とは、最初の1回に引き続いての薬物服用の効果に対して起こる、急速で一次的な調整である。逆耐性とは、sensitization(過敏化)とも呼ばれ、繰り返し使用するうちに薬物への反応が増加することを指す。
耐性は依存症候群の診断基準のひとつである。

WHO (1994)1), p.62
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/tolerance.txt · 最終更新: 2014/08/10 15:56 by ragi