心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:mutual-help_group

相互援助グループ

mutual-help group相互援助グループ

A group in which participants support each other in recovering or maintaining recovery from alcohol or other drug dependence or problems, or from the effects of another's dependence, without professional therapy or guidance. Prominent groups in the alcohol and other drug field include Alcoholics Anonymous, Narcotics Anonymous, and Al-Anon (for members of alcoholics' families), which are among a wide range of twelve-step groups based on a non-denominational, spiritual approach. Mutual-help groups in the alcohol field date back to the American Washingtonians of the 1840s, and include such Europe-based groups as Blue Cross, Gold Cross, Hudolin groups, and Links. The approach of some of these groups allows for professional or semiprofessional guidance. Some recovery homes or halfway houses in the alcohol field and therapeutic communities for those dependent on other drugs might be seen as residential mutual-help groups.

“Self-help group” is a more common term, but “mutual-help group” more exactly expresses the emphasis on mutual aid and support.


(相互支援グループとも)。

アルコールやその他の薬物の依存や問題、あるいは他の人の依存の影響から回復中の、あるいは回復を維持している参加者が、専門職業的な治療法や指導なしに、お互いに支え合うグループ。様々な領域に対して、非宗教的な、スピリチュアルなアプローチに基づいた12ステップグループが存在するが、その中でもアルコールやその他の薬物の領域における卓越したグループとして、アルコホーリクス・アノニマスナルコティクス・アノニマス、および(アルコホーリックの家族のためのものとして)アラノンが挙げられる。アルコールの領域における相互援助グループは1840年代のアメリカ・ワシントン協会にさかのぼる。ヨーロッパに基盤を置くグループとして、Blue Cross、Gold Cross、Hudolin groups、Linksが挙げられる。こうしたグループのなかには、専門職業的な、またはセミプロによる指導を手法として認めるものもある。また、アルコール領域のリカバリーホームハーフウェイハウス、他の薬物の依存のための治療共同体を、宿泊型の相互援助グループと見なすこともできる。

より一般的な用語として「自助グループ(セルフヘルプ・グループ)」があるが、「相互援助グループ」は相互の援助と支えを重要視し、より正確に表現している。 WHO (1994)1), p.46
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/mutual-help_group.txt · 最終更新: 2014/12/08 02:36 by ragi