心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:intoxication

酩酊

intoxication酩酊

A condition that follows the administration of a psychoactive substance and results in disturbances in the level of consciousness, cognition, perception, judgement, affect, or behaviour, or other psychophysiological functions and responses. The disturbances are related to the acute pharmacological effects of, and learned responses to, the substance and resolve with time, with complete recovery, except where tissue damage or other complicationshave arisen. The term is most commonly used with regard to alcohol use: its equivalent in everyday speech is “drunkenness”. Alcohol intoxication is manifested by such signs as facial flushing, slurred speech, unsteady gait, euphoria, increased activity, volubility, disorderly conduct, slowed reactions, impaired judgement and motor incoordination, insensibility, or stupefaction.

Intoxication is highly dependent on the type and dose of drug and is influenced by an individual's level of tolerance and other factors. Frequently, a drug is taken in order to achieve a desired degree of intoxication. The behavioural expression of a given level of intoxication is strongly influenced by cultural and personal expectations about the effects of the drug.

Acute intoxication is the term in ICD-10 for intoxication of clinical significance (F1x.0). Complications may include trauma, inhalation of vomitus, delirium, coma, and convulsions, depending on the substance and method of administration.

Habitual intoxication (habitual drunkenness), applied primarily to alcohol, refers to a regular or recurrent pattern drinking to intoxication. Such a pattern has sometimes been treated as a criminal offence, separately from the individual instances of intoxication. Other general terms for intoxication or intoxicated include: drunkenness, high, under the influence, inebriation.

See also: inebriety; street drinker


精神作用物質の摂取後の状態で、意識レベル、認知、知覚、判断、情動、行動、その他の精神生理学上の機能や反応への外乱が引き起こされたもの。それらの外乱は、その物質の急性の薬理学的な効果や学習された反応が関連しており、時間の経過とともに解消され、組織の損傷や他の併発症がない限り完全に回復する。通例この用語はもっぱらアルコールについて用いられており、日常用語で言うところの “drunkenness”(飲んだくれ)と同義である。アルコールによる酩酊は、赤らんだ顔、不明瞭な言語、よろめき歩き、多幸感、多動、多弁、無秩序な行動、反応の低下、判断力や協調運動の減弱、意識低下や麻痺として現れる。

酩酊は、薬物の種類や服用量と密接に関連しており、個人の耐性レベルや他の要素の影響を受ける。しばしば、希求する度合いの酩酊を得るための薬物摂取が行われる。所与のレベルでの酩酊の行動表現は、その薬物の影響に対する社会的あるいは個人的な期待の影響を大きく受ける。

急性中毒(F1x.0)は、IDC-10において臨床の対象となる酩酊を示す用語である。薬物の種類やmethod of administrationによって、外傷、吐瀉物の吸入、譫妄(せんもう)状態、昏睡、けいれんが併発しうる。

習慣的酩酊という用語は、主にアルコールについて用いられ、酩酊に至る飲酒パターンが継続的あるいは周期的に繰り返されることを示す。そのようなパターンはしばしば刑事上の罪として扱われ、単一の酩酊事例とは区別される。酩酊(intoxication・intoxicated)に関連する用語には、drunkenness(飲んだくれ)、high(高度の)、under the influence(影響下にある)、inebriation(飲酒癖)がある。

参照: 飲酒癖; street drinker

WHO (1994)1), p.42
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/intoxication.txt · 最終更新: 2015/09/24 03:04 by ragi