心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:dependence_syndrome

依存症候群

dependence syndrome (F1x.2)依存症候群 (F1x.2)

A cluster of behavioural, cognitive, and physiological phenomena that may develop after repeated substance use. Typically, these phenomena include a strong desire to take the drug, impaired control over its use, persistent use despite harmful consequences, a higher priority given to drug use than to other activities and obligations, increased tolerance, and a physical withdrawal reaction when drug use is discontinued. In ICD-10, the diagnosis of dependence syndrome is made if three or more of six specified criteria were experienced within a year . The dependence syndrome may relate to a specific substance (e.g. tobacco, alcohol, or diazepam), a class of substances (e.g. opioids), or a wider range of pharmacologically different substances.
See also: addiction; alcoholism; dependence; substance use disorders


物質を繰り返し使用した後に発現する行動、認知、生理学的な症状群である。典型的には、薬物を摂取したいという強い欲望、その使用のコントロールの減弱、有害な結果があるにも関わらず使用を続ける、他の活動や責務よりも薬物を使用することへの高い優先度、増大した耐性、薬物使用を中断した際の離脱反応といった症状が含まれる。IDC-10では、6つの診断項目のうち1年以内に3つが見られる場合に、依存症候群と診断される。依存症候群は特定の物質(例:タバコ、アルコールジアゼパム)、特定の種類(例:オピオイド)、あるいは薬理学的に多様な物質と関係しうる。

参照嗜癖アルコール症(alcoholism)依存、物質使用障害(substance use disorders) WHO (1994)1), p.29
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/dependence_syndrome.txt · 最終更新: 2015/09/21 22:15 by root