心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:compulsion

強迫性

compulsion強迫性

When applied to psychoactive substance use, the term refers to a powerful urge-attributed to internal feelings rather than external influences- to take the substance (or substances} in question. The substance user may recognize the urge as detrimental to well-being and may have a conscious intent to refrain. These feelings are less characteristic of alcohol and drug dependence than of the psychiatric syndrome of obsessive-compulsive disorder.
See also: control, impaired; craving


精神作用物質について使われる場合は、該当する物質を摂取したいという強烈な衝動――外への影響よりも内の感覚として――を指す。物質の使用者はその衝動が健康(幸福)に害があることを認識しており、差し控えようという自覚的な意図を持っている。アルコールや薬物依存の(強迫的な)感覚は、強迫性障害(obsessive-compulsive disorder)ほど顕著ではない。

参照: コントロールの減弱渇望 WHO (1994)1), p.25
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/compulsion.txt · 最終更新: 2014/08/10 12:37 by ragi