心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:codependent

共依存症者

codependent共依存症者

A relative, close friend, or colleague of an alcohol- or drug dependent person, whose actions are defined by the term as tending to perpetuate that person's dependence and thereby retard the process of recovery. In the early 1970s, the terms co-alcoholic and co-alcoholism came into use among those treating alcoholism in USA to characterize close relatives of the alcoholic (initially the wife in particular). With the shift in terminology from alcoholism to alcohol dependence, codependent and codependence came into use, also referring to relatives of those dependent on other drugs. Use of the term implies an attributed need for treatment or help, and some have proposed classifying codependence as a psychiatric disorder. The term is also now used figuratively to refer to the community or society acting as an enabler of alcohol or drug dependence.

See also: child of an alcoholic


アルコールもしくは薬物に依存する人の親族・親しい友人・同僚で、人の依存を継続させようとし、ゆえに回復を阻害する行動を取る関係によって定義される。1970年代初頭にアメリカでアルコホリズムの治療にあたっていた者たちの間で、アルコホーリックの家族(特に初期には妻)を特徴づける用語として、コ・アルコホーリックあるいはコ・アルコホリズムという用語が使われるようになった。やがて学術用語がアルコール症(alcoholism)からアルコール依存に変更されるにともなって、コデペンデント(共依存症者)およびコデンペンデンシィ(共依存症)が使われるようになり、他の薬物の依存症者の家族も指すようになった。この用語の使用は、治療もしくは援助の必要性を暗に意味しており、共依存症を精神科的なdisorder(疾患)として分類すべきだとする提案もされている。さらにこの用語は、アルコールや薬物への依存を可能にさせる地域社会や社会全体を指して比喩的に使われるようにもなっている。

アルコホーリックの子を参照。 WHO (1994)1), p.24
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/codependent.txt · 最終更新: 2015/01/07 02:18 by ragi