心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

サイドバー

スタートページ
サイトマップ
サイドバー


lexicon:acetaldehyde

アセトアルデヒド

acetaldehydeアセトアルデヒド

The principal breakdown product of ethanol. Acetaldehyde is formed by oxidation of ethanol, the reaction being catalysed principally by alcohol dehydrogenase. It is itself oxidized to acetate by aldehyde dehydrogenase.

Acetaldehydeis a toxic substance, implicated in the alcohol flush reaction and in certain physical sequelae of alcohol consumption.

See also: alcohol-sensitizing drug; disulfiram


エタノールの主要な分解産物。アセトアルデヒドはエタノールを酸化することで生成される。この反応はアルコール脱水素酵素の働きで起こる。さらにアルデヒド脱水素酵素の働きで酸化し、酢酸塩(アセテート)となる。

アセトアルデヒドは有毒な物質で、alcohol flush reactionやアルコール消費がもたらすいくつかの身体的後遺症に関係する。

参照: alcohol-sensitizing drug; disulfiram WHO (1994)1), p.5
Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)

1)
WHO (1994), Lexicon of alcohol and drug terms. Geneva: World Health Organization →Lexicon of alcohol and drug terms (WHO)
lexicon/acetaldehyde.txt · 最終更新: 2015/10/18 01:20 by ragi